2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月25日 (月)

エッセー 成長としての老い 菅靖彦

 

 いつのまにか七0歳にあと数年という年になっていた。
 私はいわゆる団塊の世代である。戦後すぐ、物のない時代に岩手の花巻に生まれて育ち、高校を卒業してから、二十年以上を高度経済成長期の東京で暮らし、バブル崩壊寸前に伊豆に土地を買って移り住み、現在にいたっている。
 自分が高齢者だという自覚はほとんどないが、最近前歯が抜けて、間の抜けた顔を見ていると、いやがおうでも「老い」というものを意識せざるをえない。
 わたしが暮らしている伊豆高原は、退職した人が老後の生活をするのに好まれる土地柄だということもあって、わたしの周囲には、老人たちがたくさんいる。しかし、一口に老人と言っても、趣味をもち生き生きと暮らしている人たちもいれば、身体がきかなくなったときのことが心配で、子どもたちへの配慮から、老人施設を捜し歩いている人たちもいる。
 子どもたちに迷惑をかけたくないという老人の気持はよくわかる。わたしも子どもの世話にはできるだけなりたくないと思っている。しかし、子どもを一人前に育て、社会にも貢献してきた老人が、人様に迷惑をかけないようにと、遠慮しながら生きている姿は、どうしてもまともだとは思えない。
 わたしは、老人たちに、もっと自信をもって生きていってもらいたい。わたし自身も自信をもって老後を生きたい。現代は、若さばかりが過度に尊重されるきらいがあるが、老後の人生にも、それなりの意味があるはずだ。そうでなかったら、わたしたちの人生はとてもみじめなものになってしまうだろう。
 数年前、東京で開かれた高校時代の同窓会にはじめて出席した折、老いは年齢ではない、と強く感じた。同窓会だから、当然、同年配の者たちが集まっているわけだが、とてもそう見えないのである。ものすごく老けた感じの人もいれば、まだはつらつとしたさを保っている人もいる。その違いを生み出しているのは、生きる姿勢ではないかと思う。
 青春という言葉があるが、青春は若者だけが享受できる特権ではない。老人になっても青春を生きている人たちがたくさんいる。わたしも死ぬまで青春でいたい。わたしの青春の定義はきわめてシンプルである。夢や希望をもちつづけ、常に好奇心とチャレンジ精神を失わないこと。身体が多少、きかなくなっても、そうした精神だけは持ちつづけられるはずである。
 しかし、最後には、誰でも、この世への執着を手放さなければならないときがくる。そのときのために、自分という個的な存在を、大宇宙の営みの一部として捉えるスピリチュアルな世界観を養っていきたいとわたしは思っている。
 わたしたちは社会的なアイデンティティを築くことばかりにかまけ、自分が社会性を超えた宇宙的な存在であるという自覚をどこかに置き忘れてしまっているのではないだろうか。そうした自覚を取り戻さないかぎり、どんなに若さを維持しようとしても、というより、肉体の若さを保とうとすればするほど、老いは若さの喪失としか思えず、苦しみの源になっていくだろう。
 スピリチュアルな成長として老いを捉える視点が今、必要になってきている。
 
 

2015年5月24日 (日)

吉福伸逸さんを偲んで

 吉福さんは私にとってメンターのような存在である。彼との出会いがなかったら、私の人生は今とはまったく違うものになっていただろう。
 はじめて吉福さんに会ったのは一九八〇年代初頭のこと。当時、彼はアメリカで出版されたニューサイエンスやトランスパーソナル心理学関連の本を系統立てて翻訳し、日本に紹介するプロジェクトを立ち上げていた。彼に誘われてそのプロジェクトに参加したのが、翻訳家としての第一歩となった。
 ケン・ウィルバーの『意識のスペクトル』を翻訳している最中、私は精神的に行き詰まり、極度の不眠症に陥った。今にして思えば、それは古い自分の枠組みを壊し、新しい枠組みを作り直すプロセスだったと分るが、当時は何がなんだか分らず、不安の中にいた。にもかかわらず、精神科医にも、睡眠薬にも頼らずに、そのプロセスを四、五年かけてやり終えることができたのは、吉福さんの助言があったからだ。もっとも、精神的な危機を乗り越えるのを助けられた人は、私以外にもたくさんいる。不眠症の体験を通して、私は「トランスパーソナル」の意味を理解するようになったし、必然的にセラピーの世界にも深く関わるようになった。
 ところで、吉福さんにもっともふさわしい肩書きとは何だろう? 「セラピスト」とか「翻訳家」という肩書きでよく呼ばれていたが、そんな肩書きには収まりきれない人である。彼はアカデミックな野心をまったく持っていなかったし、心理学や心理療法の権威者になろうともしていなかった。それどころか、どんな権威に寄り添うことも、自分が何らかの権威になることも、周到に避けていたように思う。晩年のことはよく分らないが、彼は一時南方への強い憧れを持っており、文明の発達していない南の島で庵を作って暮らすことを夢見ていた。どんな肩書きにも縛られない「自由」こそ、彼がもっとも大事にしていたものだった。
 と同時に彼から学んだのは、「友愛」の大切さである。ワークショップの会場となった河口湖周辺のホテルで、吉福さんを交えて、仲間と夜を徹して語り合った日々のことは今でも鮮明に覚えている。それはどんな高価な品物にも代えがたい彼からの貴重な贈り物である。
 彼が早すぎる死を迎えたのはとても残念だが、いたずらに悲しむのはよそうと思う。彼はまだ私の中に生きつづけているからだ。恐らく、一生、「友愛」の絆は断ち切られることはないだろう。ただただ、彼に「ありがとう」と言いたい。

                                                                          菅 靖彦

 

2015年5月12日 (火)

5月の例会のお知らせ

5月例会は下記の通り行います

日時:5月22日(金: 19時から21時)
参加費 1000円+飲み物代
場所:ルノアール市ヶ谷外堀通り店 マイスペース
https://www.ginza-renoir.co.jp/myspace/booking/shops/view/

どなたでも参加できます。参加希望の方はメールをいただければ幸いです。

« 2013年6月 | トップページ | 2015年6月 »