2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 6月の例会のお知らせ | トップページ | 人生の流れに身を任せる壮大な実験 »

2015年6月14日 (日)

書評②:俳句に生きるアニミズム


「カミを詠んだ一茶の俳句」(山尾三省著、地湧社)

近代の合理主義的な社会は、理性による自由と
平等の実現を目標にかかげ、古い因習や宗教から
の脱却を推し進めてきた。日本も、戦後の民主主
義の普及により、近代社会の仲間入りを果たし、
めざましい経済の発展を通して、世界有数の経済
大国にのしあがった。
 しかし、経済的な発展とは裏腹に、多くの人が
心のよりどころを失い、殺伐とした社会の中で、
孤独にあえいでいるのも事実だ。その原因の一端
を広い意味での宗教心の喪失としてとらえ、これ
からの時代の宗教心のあり方を探ろうというのが
著者の狙いである。
 著者の山尾氏は経済至上主義に現代人のニヒリ
ズムの原因を見ているが、個人主義を一概に否定
しようとしているのではない。
 古い因習や宗教性から脱して自由になった個人
を尊重し、一人ひとりの個性や多様性を生かしな
がら、万物に宿るカミ(従来の神と区別するために著
者はあえてカタカナ表記を使っている)と対話する、ア
ニミズム的な宗教心こそ、これからの時代に必須
(ひっす)なものだと説いているのだ。
 そして、そのようなアニミズム的な宗教を生涯
かけて実践した先達として、俳人の小林一茶に着
目し、独特の観点から、一茶の生き方や俳句に迫っ
ている。
 最近、多数の犠牲者を出した聖地エルサレムを
めぐるイスラエルとパレスチナの長年の対立から
も分かるように、宗教は人々の結束を固める基盤
になる力をもっている半面、他者を排除するとい
う矛盾した側面ももっている。
 宗教の原型ともいうべきアニミズムに、普遍的な
宗教の可能性を探ろうとする山尾氏の観点は、集
団主義的な宗教に内在する矛盾を乗り越える一つ
の方策としても、注目に値すると言っていいだろう。
 本書が単なる文献学にはない透明な「清涼感」
をもっているとすれば、著者の山尾氏自身が、圧
倒的な屋久島の自然の中で暮らすアニミズムの体
現者であるというところからきているのだろう。

« 6月の例会のお知らせ | トップページ | 人生の流れに身を任せる壮大な実験 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評②:俳句に生きるアニミズム:

« 6月の例会のお知らせ | トップページ | 人生の流れに身を任せる壮大な実験 »