2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

会員プロフィール

会長 菅靖彦 http://homepage2.nifty.com/sugaworld/

 1947年、岩手の花巻に生まれる。1980年代の後半から、トランスパーソナル心理学の本の翻訳をはじめる一方、呼吸法のセラピー、ホロトロピック・セラピーのファシリテーターをつとめる。その後、日本トランスパーソナル学会の設立に尽力、現在、顧問。意識の変容、癒し、自己成長、子育てなどをテーマにした著作の執筆、翻訳、講演を行っている。

事務局長 重田正紀
1940年(昭和15年)12月東京生まれ。亡くなった両親の話では誕生時、母が高齢者出産の初産で私が低体重児だったため医師からは、子どものことはあきらめなさいと言われたとか。また5歳の時に自家中毒にかかり、この時も医師からあきらめろと言われたようで、人生は波乱の出だしだったようです。会社員になって39歳でうつ病になり1年間会社務めをしながら自力で脱出後退職。40歳の時の至高体験で生き方、価値基準ががらっと変わりました。その後いくつかの仕事を転々としながら訴訟に巻き込まれたり企業倒産の後始末をしたりヴィパッサナー瞑想に参加したりという体験を重ねました。20082回の脳梗塞発症で生死について学び、現在は、地元でボランティア活動の日々を送っています。今までの体験が活動に全て活きている事に感謝し、何事もない日々が本当に幸せなのだなあと感じるこのごろです。

副会長 草野享子(Kyoko Kusano)
国立音楽大学を卒業後、いろいろな所で仕事をしましたが、ひとつも完 結できないというか納得できないという状態が現在まで続いています。 そんな中、子育てのつまずきから、養育相談機関をあれこれ訊ねました が、ここでも納得できず、とりあえず妖しくない(?)と思われるアド ラー心理学を学びました。子育てはそれなりになんとか終わり、いつの 間にか自分さがしのために心理学に埋没・・・・そして、どんどん灰汁 が強くなってきている自分を発見しているこの頃です。現在、AIU CSPP(妖しくない臨床心理学大学院です、、、念の ため)に在学。

山崎厚志
1964年 千葉の八街市に生まれる。大学卒業後、地元の信用金庫に約3年勤務。退社後約1年間オーストラリア留学、帰国後船舶関係の仕事に就く。一方個人的問題志向から心理学を勉強するも、徐々にカウンセラー志望が強くなり2006年、C+F研究所エニアグラムトレーニング修了。2007年、日本総合カウンセリング・カウンセラー養成講座修了。認定2級心理カウンセラー合格。自殺者が増えている昨今、メンタル面でサポートし合えるコミュニティ作りに現在関心有り。